2017年10月02日

10/1 絵が苦手な子限定。伝わるラフスケッチの描き方!in博報堂

中高生のための発想体験プログラム
OPEN−CAMP!
http://www.hakuhodo.co.jp/h-camp/open-camp/

テーマは
「絵が苦手な子限定。
伝わるラフスケッチの描き方!」

講師はアートディレクターの遠藤礼奈さん

「絵は、上手いかどうかではなく、伝わるかどうがが大切!」
が、この講座のメッセージです。

「トレース」の技術を使えば、
絵は簡単に描けます。

大切なのは、
伝えたいことが伝わるかどうか。

自分が一番伝えたいことは何なのか、
どこに焦点を当てた絵を描けば良いのかを
考え抜く講座となりました。

絵の上手さではなく、
自分の気持ちやメッセージを伝えることが大切だということが、
子どもたちにしっかり伝わったようです。
私も伝えるためのラフスケッチ、
チャレンジしてみます!

皆様、有難うございました!
posted by 滝田佳子 at 00:00| Comment(0) | キーパーソン21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。